大城按司の墓

大城按司の墓
  • 大城按司の墓
  • 大城按司の墓
  • 大城按司の墓
  • 大城按司の墓
  • 大城按司の墓
  • 大城按司の墓

ドーム状の石積み。地域を治めた有力者の墓。

大城按司・真武(しんぶ)は三山時代の人で、14世紀中期から末期ごろ大城城主であったが、麻姓家譜(ませいかふ)によると、島添大里按司(大里城主)との戦いで敗れ、稲福村の西で自害したという。亡骸は同地に葬られ、小石を丸く積み上げて塚としたという。その塚が現在の墓の原型と言われているが、いくたびか改築され、1892年に現在地に移築された。

この墓は琉球石灰岩の岩山をくり抜いて墓室をつくり、前面は切石積みとし、上部は以前の塚を模してドーム状の石積みとなっている。その形から俗に「ボウントゥ御墓」とも呼ばれており、沖縄の一般の墓とは異なる独特の形式を持つ墓として貴重である。

アクセス・ご連絡先

住所 沖縄県南城市大里大城
MAPCODE 232 586 628*05
アクセス 那覇空港から車で約35分

周辺のお店紹介

尚布里の墓
[ 文化財・史跡 ]尚布里の墓
王にならなかった王族のささやかな墓所
ヨガアムリタ〈非公開〉
[ 遊び・体験 ]ヨーガアムリタ
ビーチや自然の中でヨガを楽しむ
ヨガさびら〈非公開〉
[ 遊び・体験 ]ヨガさびら
琉球はじまりの聖地を望む、日の出朝ヨガ
久高島宿泊交流館
[ 泊まる ]久高島宿泊交流館
星空も堪能できる! 神の島にステイ
小やど SAWA〈非公開〉
[ 泊まる ]小やど SAWA
久高島の「小さな宿」で、ゆったりと過ごす
民宿 にしめ
[ 泊まる ]民宿 にしめ
久高島で最初の民宿

文化財・史跡・ランキング

特集コンテンツ


Language