南城市からのお知らせ

沖縄県で麻疹(はしか)が流行中です
[ 2018-04-13 ] 沖縄県で麻疹(はしか)が流行中です
沖縄から帰ったあとに体調が悪い?

沖縄県全域で麻疹(はしか)が流行しています。感染力が強く、下記のような症状が見られ、乳幼児の場合は重症化する場合もあります。

・まず熱や咳、鼻汁、めやになどで始まり、目の充血や口の粘膜の発赤などが目立ちます。
・口の中の粘膜に白いブツブツ(コプリック斑)が見られることもあります。
・3日ほど経った頃、一旦熱が軽くなりますがすぐまた高熱となります。その頃から発疹(ブツブツ)が出てきます。発疹は耳の後ろから始まり次第に全身に広がります。
・発疹が出始めて3~4日経つと熱は下がり、発疹は次第に黒ずんだ色に変わってきます。

ワクチンを2回接種されていない方で、沖縄旅行から帰ったあとに、体調不良で病院に行くときは、病院に行く前に電話をしましょう。待合室で他の人に感染が広がらないようにするためです。

麻疹(はしか)流行に関する最新情報は下記をご確認ください。
http://www.osh.or.jp/hashikazero/

おすすめランキング

特集コンテンツ


Language