ロゴ

  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像
  • らしいね南城市の画像

イントロ

ENJOY NANJO

沖縄地図

那覇空港から約50分圏内にある市域は、緑豊かな自然環境に囲まれ、離島である久高島は、神の島・琉球民族発祥の地とされています。 南城市は、神の島久高島の他にも、世界遺産である「斎場御嶽(せーふぁうたき)」、歴史を刻んだ多くの「グスク」の数々、東御廻り(あがりうまーい)の文化遺産など、貴重な歴史・文化史跡がたくさんあり、その中でも南城市”らしいね”という定番の観光スポットをご紹介いたします!

SPOT
01

SEFA UTAKI せーふぁうたき斎場御嶽

斎場御嶽は、琉球の最高神女(さいこうしんじょ)であった聞得大君(きこえおおきみ)の就任の儀式が執り行わられ、国の吉凶を占う儀式も行われた、琉球王国最高の聖地です。 斎場御嶽は、数ある御嶽の中でも琉球王国最高の聖地として、王府が直接管理していました。その名称についてはいくつもの説がありますが、歴史的な文献には「さやはたけ」「サイハノ嶽(タキ)」「さいは」などと記され、久高島とともにアマミキヨの霊地として国王自らが巡拝(じゅんぱい)する習わしがありました。

斎場御嶽
斎場御嶽

Sefa Utaki

斎場御嶽の中にはイビと呼ばれる霊域が6カ所あります。その中でも、大庫理(ウフグーイ)・寄満(ユインチ)・三庫理(サングーイ)はいずれも首里城内にある建物や部屋と同じ名前を持っていることから、両者の深い関わりを示すものと言われています。

また、斎場御嶽は2000年12月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、世界遺産リストに登録されました。

斎場御嶽
斎場御嶽
斎場御嶽
斎場御嶽
知念岬公園

SPOT
02

CAPE CHINEN PARK 知念岬公園

言わずと知れた南城市の有名スポット「知念岬公園」。
園内には赤瓦屋根の東屋や遊歩道があり、心地よい海風にふかれながらの散策もいいかも♪
南城市地域物産館の奥にあり、斎場御嶽などの観光の途中に立ち寄ろう。

海にせりだしたような岬に佇む公園からは、太平洋が一望でき、久高島やコマカ島を間近に見ることができる。三方を海に囲まれた公園はまさにフォトジェニック!

知念岬公園
知念岬公園

SPOT
03

NIRAI BRIDGE KANAI BRIDGE ニライ橋カナイ橋

県道86号線のつきしろ方面から国道331号線へ下る途中にある、海に向かって大きくカーブを描く全長660m、高さ80mの橋。「ニライカナイ」とは海の向こうにある理想郷という意味。 知念岬や遠くにはコバルトブルーの海に浮かぶ神の島・久高島をのぞむことができる。

県道86号線のつきしろ方面から国道331号線へ下る途中にある、海に向かって大きくカーブを描く全長660m、高さ80mの橋。「ニライカナイ」とは海の向こうにある理想郷という意味。 知念岬や遠くにはコバルトブルーの海に浮かぶ神の島・久高島をのぞむことができる。

ニライ橋カナイ橋

ニライ橋カナイ橋

Photo Spot!

ニライ橋カナイ橋

あざまサンサンビーチ

SPOT
04

AZAMASUNSUN BEACH あざまサンサンビーチ

海の向こうに久高島を望む、遠浅の公共ビーチ。透明度の高い海、白い広々とした砂浜は、地元ファミリーに人気の海水浴スポットです。赤瓦屋根のビーチハウスには、売店やシャワー、ロッカーなどが整い、パラソルなどのレンタルも充実しています。海でしっかり遊んだ後は、ビーチバーベキューはいかがでしょうか。地元では”ビーチパーティー”などと呼ばれる、ビーチでの定番の遊び方。バーベキュー機材はビーチでレンタルできます。

あざまサンサンビーチ

あざまサンサンビーチ

あざまサンサンビーチ

あざまサンサンビーチ

あざまサンサンビーチ

SPOT
05

OU ISLAND 奥武島

本島側と短い橋で結ばれた周囲約2キロほどの奥武島。太平洋の豊かな漁場に面したウミンチュの島として昔から栄えてきました。新鮮な魚や天ぷらが買える南部のドライブスポットとしても人気です。旧暦の5月4日に行われる海神祭のハーリー競争は有名。夏のトビイカの天日干しなどウミンチュの島ならではの光景がひろがります。

奥武島

奥武島

奥武島

ガンガラーの谷

SPOT
06

GANGALA VALLEY ガンガラーの谷

数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、豊かな自然が残る亜熱帯の森。約2万年前に生きていた「港川人」の居住区としての可能性も高く、今も発掘調査が行われています。ガンガラーの谷の入口にあるオープンカフェが集合場所となっており、生命の神秘をたどる旅に出かけてみよう!

双眼鏡見学ツアー※予約定員制

  • 料金
  • 大人1名2,500円
    学生1,500円(中学生以上、要学生証提示)

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷

コマカ島

KOMAKA ISLAND コマカ島

知念海洋レジャーセンターから高速艇で15分、知念と久高島の間にぽっかりと浮かぶコマカ島は、白い砂浜と美しいサンゴ礁は無人島ならでは、自然のままの光景。海水浴は小さなお子さんでも魚と遊べるほか、インストラクターのつくシュノーケリング・ダイビングなど、マリンスポーツメニューも利用できる。 5月から10月の夏場には、渡り鳥のアジサシが子育てするほほえましい様子も見ることができます。もし巣や幼鳥を見つけたら、そっと観察してみよう。

コマカ島

  • コマカ島
  • コマカ島
  • コマカ島
  • コマカ島

SEA CAFE TOUR

海が近く、自然豊かな南城市には、そのロケーションを活かしたおしゃれなカフェがたくさん!
青い空と青い海を眺めながらまったりブレイクタイム♪

  • カフェくるくま
  • caféやぶさち
  • 浜辺の茶屋
  • enku terrace OOLOO(オールー)
  • カフェLodge
  • 食堂かりか
  • SHOPPING SPOT

    南城市には地域の特産品から伝統工芸品など、ココならではの品物が盛りだくさん!
    必ず寄りたい定番ショッピング・お土産スポットを「どーん!」とご紹介!

  • 南城市地域物産館
  • 奥武島いまいゆ市場
  • Island Aroma OKINAWA
  • 虹亀商店
  • 玉城焼
  • ACCOMMODATION SPOT

    沖縄らしい風景を間近に感じることができる南城市のおすすめ宿泊施設をご紹介!
    ホテル、民宿、ペンションなどなど、旅のスタイルに合わせた施設を見つけよう!

  • ユインチホテル南城
  • 百名伽藍
  • 朝陽の宿 涼風
  • ヴィラさちばる
  • Kafuwa Nanjyo