日帰りで、沖縄、南城市。

1日しか休みが取れなくても、慌ただしい日常から少しだけ離れて、沖縄で癒されてみませんか。日帰りでも満喫できる、南城市のコースをご紹介。(最終更新日:2019/2/17)

南城市の「おいしいところ」をコンパクトに。

神話の聖地、海が身近なカフェ、美味しいランチ、ここだけのお土産品。「ここさえ巡れば」というミニマムコースをご提案。約2kmのコースです。(最終更新日:2019/2/17)

はじまりの海へ。 - ヤハラヅカサ

ヤハラヅカサ

那覇空港からは車で約40分。西海岸から東海岸へ一気に移動しましょう。旅のはじまりは聖地「ヤハラヅカサ」です。晴れた日には目の覚めるようなマリンブルーがあなたを受け入れてくれます。いまや数少ない天然のビーチです。詳細ページ

ヤハラヅカサ

海には聖地であることを示す石碑があります。ここは、琉球創世の神・アマミキヨが最初の一歩を記したとされる場所です。まさに旅の始まりにふさわしい場所。良き旅となるよう、祈願しましょう。美しい海を眺めながら、放心するのも極上の時間です。ヤハラヅカサ特集ページ

琉球国王も参拝した。 - 浜川御嶽(はまがわうたき)

浜川御嶽

ビーチから琉球石灰岩の石段を登っていくと、そこは浜川御嶽。木々に覆われた空間は静寂で、そこが確かに特別な場所であることを感じられます。アマミキヨが仮住まいをしたとされる場所は、琉球国王も参拝した東御廻りの聖地です。詳細ページ

さやかな水で手を清める。 - 受水走水(うきんじゅはいんじゅ)

受水走水(うきんじゅはいんじゅ)

浜川御嶽から農道を400mほど行くと、右方向への案内板が。渾々と水が湧き出る場所が、沖縄の稲作発祥地といわれる「受水走水」です。神田もあり、毎年旧暦1月に田植えの儀式「親田御願(ウェーダウガン)」が行われます。ひんやりとした水に手をつけると、少し清められた気分になりませんか?詳細ページ

少し時間をとって遊ぶなら。 - 新原ビーチ(みーばるびーち)

新原ビーチ(みーばるびーち)

新原ビーチには気軽に海水浴ができるシャワー室が完備されているほか、海中の熱帯魚を見ることができるグラスボートも出ています。時間があれば少し泳いだり、海上散歩をしても良いかもしれませんね。詳細ページ

ランチのご提案(随時更新)

そろそろお腹が空く時間でしょうか。コース周辺のカフェや飲食店をご案内します。

アート雑貨で日常を刺激。 - クラフ陶スタジオK’s

クラフ陶スタジオK’s

浜辺の茶屋の近くにある工房がクラフ陶スタジオK’s。温もりのあるアートな陶器が販売されています。自分へのご褒美にいかがでしょう。日常生活を職人の手仕事が彩ることで、あなたのライフスタイルもランクアップするかもしれません。詳細ページ

上質だけどフレンドリーな作品。 - 玉城焼

玉城焼

終着点も陶器の工房「玉城焼」。可愛らしいシーサーをお土産にいかがでしょう。親しみのあるかわいい作品や、職人の技が光る上質なクラフト作品まで。どれをお土産にしても失敗はありません。詳細ページ

Language