百名の焚字炉

百名の焚字炉
  • 百名の焚字炉
  • No Image

  • No Image

  • 百名の焚字炉

文字を大切にするために不用紙を焼いた炉

文字の書かれた不用紙を焼くための炉で、19世紀の中頃に中国から敬惜字紙の風習が伝わったもの。一説には冊封使の林鴻年(りんこうねん)が字紙を路上に捨てずに敬うことを説き、この詩編を大切に扱わせるための炉を設置。これに入れて焼くことから始まりました。百名の焚字炉は明治時代に作られ、国道沿いにあった茂のが現在の場所へ移転されている。4枚の石灰岩の平石を組んで作られていて、前に長方形の紙を入れるための穴と、後方には排煙のための円形の穴が開けられている。

アクセス・ご連絡先

住所 沖縄県南城市玉城百名104
アクセス 那覇空港から車で約50分

周辺のお店紹介

尚布里の墓
[ 文化財・史跡 ]尚布里の墓
王にならなかった王族のささやかな墓所
ヨガアムリタ〈非公開〉
[ 遊び・体験 ]ヨーガアムリタ
ビーチや自然の中でヨガを楽しむ
ヨガさびら〈非公開〉
[ 遊び・体験 ]ヨガさびら
琉球はじまりの聖地を望む、日の出朝ヨガ
久高島宿泊交流館
[ 泊まる ]久高島宿泊交流館
星空も堪能できる! 神の島にステイ
民宿 にしめ
[ 泊まる ]民宿 にしめ
久高島で最初の民宿
小やど SAWA〈非公開〉
[ 泊まる ]小やど SAWA
久高島の「小さな宿」で、ゆったりと過ごす

文化財・史跡・ランキング

特集コンテンツ


Language